新規会員登録はこちら パスワードを忘れた場合はこちら

読書会情報詳細

読書会
【課題本:『未来を拓く君たちへーなぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか』】第56回 me & nurseによる自己受容感を深め、自分らしい生き方を見つめ直す読書会

6月19日 9:30〜11:30(入室9:20〜)

東京都

オンライン開催(ネット環境がある所ならどこからでも参加できます)

開催者:佐藤 裕耶小西 ゆかり本郷 公子 、石川 由美 、神山 拓也


このボタンのクリック先ではお申込受付できません(PeatixのURLよりお申込みください) 料金:1500円 

本読書会は次のPeatixのウェブサイトからお申し込みください。
http://ptix.at/ZQMIOH

-------------
【こんな方へ】
・どう生きるかに迷っている方

【今回の読書会の課題本】
次の本をお持ち寄りください。
「未来を拓く君たちへ-なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか」(田坂 広志 著)

【本書について(PHP研究所HPより https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-67130-7 )】
—————————————————
本書のタイトルは、『未来を拓く君たちへ』である。

しかし、本書を実際に一度手にとってみていただきたい。

本書が、これから実社会に羽ばたこうとする大学生や、
実社会で働き始めたばかりの若いビジネスパーソンたちだけではなく、

働くすべての人々たちへのメッセージであることがわかるはずだ。

著者は本書で、人生を登山にたとえつつ、
その頂に登り詰めるまでに、どのような登山をすれば、
「悔いの無い人生」「満たされた人生」を送ることができるのかを、
詩的な言葉で静かに語りかけている。

そして、人生という山の登り方次第で、「香りある人生」を味わうこともでき、老いて悔いることのない、「大いなる人生」をその手に収めることもできるというのだ。

本書は、著者の深い思索の中から生まれた三部作『なぜ、働くのか』『仕事の報酬とは何か』『人生の成功とは何か』と、
同一の線上にある、

「どう生きるか」を真剣に考える手助けとなる作品なのである。
—————————————————
【一人での読書ではなく、読書会で得られるもの】
・自己肯定感:温かい場で話を聞いてもらえる
・多様性を認める感覚:他の方の話を一旦は受け取る
・答えのない問いへ立ち向かう力:共に考える方がいる存在

【当日の進行】
次の3ステップで知恵を融合する体験をしていきます。

◯ステップ1 短時間で深い学びを得るためのゴール設定
◯ステップ2 本、参加者との対話により知恵の融合を楽しむ
◯ステップ3 知恵の融合を具体的な日常生活へとつなげる方法を考える

【定員】30名

【持ち物】
1.未来を拓く君たちへ-なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか(田坂 広志 著)
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-67130-7

※ お手元にご用意ください。
※ 電子書籍可。
※ 本は事前に読まなくても大丈夫です。

2.インターネット接続可能なパソコン・スマホ・タブレット(パソコンが画面が見やすくオススメです)

3.筆記用具、メモ帳

【お申込方法】
次の規約をご承諾の上、お申し込みください。
https://1drv.ms/b/s!Aln6Tqy3oC_w_GsDJy8_TazgqdoD

【当日の入室方法】(オンライン開催)
オンライン会議ソフトのZoomを利用した読書会です。
インターネット回線がある場所で、開始5分前に、後日配信するURLをクリックしてご参加ください。

※当日のサインインURLやID,パスワードは、日付が近くなりましたらお送り致します。
お申込時のメールアドレスの入力をお間違えないようにお願い致します。

【お申込先】
次のPeatixのウェブサイトからお申し込みください。
http://ptix.at/ZQMIOH

【主催】看護師団体 一般社団法人me & nurse
https://me-nurse.com

【me & nurseの読書会について】
日頃、自分のことを後回しにしてしまいがちな方のための
月に1回、自分を見つめ直して、
心を整え、より良い人生を歩んでいくための読書会です。
2時間という自分のための時間を確保し、
ゆったりと本、そして他の参加者の方と対話をしていきます。
ゆったりと対話をする中で、
この言葉に対して、自分はどう感じるのだろうかと、
自分自身の内面と対話することにもなります。
そうすることで、
多忙な中で気づけなかった自分の感情、考え方について気づきが得られ、
自分が大切にしたい軸というものが育まれていきます。

【参加者の方々に起きた変化】
・職場を辞めようとしていたが、元気をもらい、訪問看護ステーションの所長になった
・20年近く看護の現場から離れていたが、復職を果たした
・起業した(訪問看護ステーションを立ち上げた)
・大学院に入り直した
・厚生労働省への入省に向けて再チャレンジを始めた

【2022年のテーマ】
「自分らしい生き方を見つめ直す」

2017年12月から毎月1回、テーマを決めて様々な良書を楽しく気楽に読んでいます。
今回で56回目で、今までに700名以上の方にご参加いただいています。
お気軽にお申し込みください。


【ファシリテーター】
佐藤 裕耶(メインファシリテーター)
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=256
小西 ゆかり(サブファシリテーター)
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=5468
神山 拓也(サブファシリテーター)
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=1490
本郷公子(サブファシリテーター)
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=5986
石川由美(サブファシリテーター)
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=5997



関連リンク


ファシリテーター

佐藤 裕耶

サトウ ヒロフミ

Profile

東京大学獣医学科卒、獣医師。
リードフォーアクション協会本部にて1年間、毎月読書会を開催し、研鑽を積む。
2016年より毎週早朝に読書会を開催する他、看護師団体からの依頼により毎月各地で読書会を開催、1,400名以上の方が参加。
出版社や著者との共催の読書会も開催。

かつては、現状をより良くしたい、でもどこに進めば良いのか分からず、読書をしても多くのセミナーに通ってもモヤモヤは晴れませんでした。
そうした時に2015年に読書会に出会いました。
そこから地道に読書会を開催し、多くの方々と対話を重ねていく中で、自分の強み、方向性が見つかり、道が拓けていきました。

読書会は対話により人の可能性が広がる場所です。私はそのお手伝いをしています。

現状をより良くしたい方のご参加をお待ちしております。
「幸せな気分になった」「元気になった」、
読書会で毎回そんなお声が聴けるのを楽しみにしています。

キャッチコピー

2015年5月より読書会開催経験250回以上、計1,400名以上の方がご参加。現状をより良くしたい方のご参加をお待ちしております。

このファシリテーターに問い合わせる
現在募集しておりません。

ニュース



▲このページのトップへ

リードフォーアクション

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW16階  〒150-0043

Copyright © Read for Action All Rights Reserved.